モダンにする

祖父母や両親から日本家屋を相続した場合、できるだけ手を加えて現代的なスタイルを取り入れたいものです。日本家屋は多くの場合木造建築ですから、年月に従ってどこか寂れた雰囲気もでき上がってしまいます。そうした外観を刷新したい場合、まずはふすまの張替えを行ないましょう。 ふすま紙は定期的に張替えて刷新するのが本来の扱い方です。和紙を替えるだけで見違えたように美しくなり、部屋の中も明るくなりますので、率先して行なうようにしましょう。 現在、ふすまの張替えは専門業者が行なってくれます。しっかりした張替え業者であれば無料で現地に足を運び、見積もり費用を出してくれるのが一般的です。その際、張替える和紙のデザインも一緒に相談してみましょう。 和紙のデザインによって室内を和風モダンにする事も可能です。

西洋的な家は内装も外装も強固なのが一般的です。こうした傾向は日本車と外車の違いにも良く表れていると言われており、外車があらかじめ壊れないように作られているのに対し、日本車は内部にいるドライバーを守るクッションになるように外観が壊れやすく作られています。 「もののあわれ」を感じながら生きるのは日本の特徴であり、壊れやすいものは刷新する事で常に清潔に保つ事が可能です。日本的な扉である「ふすま」や「障子」は、こうした伝統的精神を体現した扉であると言う事ができます。 私達がふすまを愛するのは、その張替え可能な柔軟さと、清潔感によってなのです。 またふすまに張られている和紙の温かさは日本人だからこそしみじみ感じとる事ができるものです。